Wootil

暮らし、見つける、幸せ!

単純労働が労働単価の低い国や地域に移行する現在、如何に自分の労働に付加価値をつけて高い労働生産性を維持するかが問われています。

これからは高付加価値の仕事こそを、日本人は先進国として担っていかなければなりません。いま日本企業の多くは、非常に単価の高い労働力である優れた人を雇いにくい状況です。しかし、労働市場において貨幣価値が低い国のエンジニア5人分の働きを日本人が発揮するためには、よりクリエイティヴで、〈0〉から〈1〉の価値を生み出していく必要があるのです。
引用 : wired.jp


一方で、これまでの数や量をこなして、遅くまで働き詰めるという働き方には疑問を感じる人が少なくありません。

これからの「働き方」をどう変えていくのか。私自身の問題としても自分の人生を無駄にしないよう考えていこうと思います。
この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

Wootilより最新情報をお届けします

コメント

コメントフォーム

このページのトップヘ