Wootil

暮らし、見つける、幸せ!

近所のスポーツ用品店が閉店することになった。一時は、スキー用品などで一世風靡したチェーン店で、この辺りじゃ唯一の独立店舗だった。

不採算店舗だったのだろう。店の外からでも目立つ黄色を使い「完全閉店」というポップがそこらじゅうに張り巡らしてある。皮肉にも、そんな閉店セールに人が押し寄せいた。普段は見ることのないくらいの来店客数だと思う。レジには通常の数倍スタッフが配備され、店内の案内役も配置するという万全の体制だ。来店客は、陳列商品を片っ端、特に30%OFFと書かれた商品から、手に取りレジへ吸い込まれるように買い漁っている。

私は、先日より開始したランニングウェアを買いたいがために立ち寄った店だったが、まさかの閉店セールに驚きを隠せないでいる。近年のランニングブームの功もあり、ランニングウェアの陳列棚はごった返していた。

幸い、メンズコーナーは人が少なかった。ほっと一安心して、商品を眺めると納得。私が欲しいと思うサイズがほぼ売り切れ状態であった。すでに買い漁られた後なのだろう。私はLサイズがちょうどいのだが、もうSサイズか、XOとかいう特大サイズしか残っていない商品ばかりだ。

唯一残っていたLサイズのインナーパンツを1つ手にとり、フィッチングルームで着心地を確認し、即決で購入した。通常なら5000円ほどする商品だが、ほぼ半額で購入できた。ちょっとしたお試しで始めたジョギングに投資する程度のことだから、これで丁度良い。

ふとしたきっかけで、スポーツウェアの争奪戦に巻き込まれたことは驚きの連続であった。この争奪戦を見る限り、ランニングブームはまだまだしばらく続きそうだ。
この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

Wootilより最新情報をお届けします

コメント

コメントフォーム

このページのトップヘ