Wootil

暮らし、見つける、幸せ!



Amazonのダンボール箱を使ってドールハウスを作りましたので、その時の写真を一挙に紹介。今では、子供達の人形遊びのお供として立派に活躍してくれており、製作者としては感無量の気持ちとなっております。

扉は扉はちゃんと開けられるように作ってあり、シルバニアファミリーなどの各種人形を使って遊ぶ際にも臨場感あふれる仕様にしてあります。


材料は、もともと箱であったので、片付けの際にはちゃんと「箱」として使えるような設計にしてあります。


シルバニアファミリーが大活躍!


側面のAmazonマークをあえて残したり、着色を最小限にとどめることで、Amazonの配送用段ボールらしさが損なわれないよう配慮しています。


今回のドールハウス制作ではこのタイプの箱を2箱使用しました。

いろんなところから反響をいただきました


もともと、子供に「ダンボールで何か作ってよ〜」とせがまれたのがきっかけでした。愛用の測量野帳に設計図を書き、一人黙々とダンボールを切ったり、色画用紙などを貼ったりして作りました。


満足のいく完成度となり、せっかくなので、ツイッターに投稿してみたらAmazonの中の人から反応がくるなど、なかなか興味深い反響が得られたのが記憶に新しいです。

Amazonさん本家の中の人が日本語で反応してくれました。こればかりは自分でもびっくりしています。

使った道具とか


この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

Wootilより最新情報をお届けします

コメント

コメントフォーム

このページのトップヘ