Wootil

暮らし、見つける、幸せ!



子供たちと日課のようにお絵かきして楽しんでいます。

絵を描くという単純な遊びですが、文房具好きな私は筆記具はもちろん、こだわりの筆記具で描くという行為そのものまで、こだわりの対象になっています。

お絵かきの必須道具は筆記具と画材ですが、私は特に、筆記具の書き味に強いこだわりを持っています。今回は、家族みんなで選んだ「こだわりの筆記具」を紹介します。

子供たちも絶賛の水性筆記具「プラマン」




子供たちから絶大な支持を得ているのは、ぺんてるの「プラマン」です。水性インクでサラサラとした書き味でありながら、力加減で筆跡の強弱も自在に表現できるペン先が最大の特徴です。

子供たちは落書き遊びをするようになった幼少期のころから、プラマン使いです。プラマンを買い与えた当初は、子供たちの筆圧はとても強いので、使い始めてすぐにペン先がボロボロになるのかなぁって心配していたのですが、そんな心配はご無用でした。

ペン先はとても丈夫でしっかりと子供たちの筆圧を受け止め、ペンとしての役割を果たしてくれます。さらに、子供達が描く線に、もう一味、独特のスパイスを足してくれているような気もします。

参照:ぺんてる 使いきり万年筆 プラマン 黒 JM20-AD

測量野帳との相性もいい感じ




写真のように、コクヨの測量野帳との相性もよく、プラマンと測量野帳を手渡しておけば、子供たちも満足げにお絵かきに没頭します。今では、お絵かきの相棒に高確率でプラマンが指名されます。

また、このプラマンの姉妹品としてトラディオ・プラマンも我が家にあるのですが、我が家では一本しか所有していないため、毎度、奪い合いの喧嘩が発生します。

参照:ぺんてる 水性ペン トラディオ・プラマン

水性ペンの王道はやっぱり「サインペン」




なめらかな描き心地のペンといえば、やっぱりぺんてるの水性サインペンだと思います。

比較的太い線だけれども、しっかりと、かつ均一な線が引けるので描き心地だけでなく、描いた後の仕上がりも満足できる確率がとても高い筆記具だと思ってます。

ただ、ペン本体のデザインが良くも悪くも「地味」なため、子供たちからの評価はプラマンに負け気味ですが、書き味に関しては、水性ペンの王座に君臨しているだけあって、子供たちからも上々の評価を得ているようです。

先日、子供に「プラマンとサインペンのどちらが好き?」と尋ねてみたところ、「(線を描く)楽しみ方が違うからどっちも好き」と言われてしまうほど。幼心なりに文具の世界を嗜んでいることに驚きを隠せません。

参照:ぺんてる サインペン

着色用の画材は「色鉛筆」がベター




色塗り用の画材は、結構悩んで選びました。

クレヨン、クレパス、クーピー、パステル、ポンキーペンシルなど、書き味や発色具合などを確認しながら色々と検討したのを覚えています。これらの画材は、いろいろな規格で販売されているので、使いたい色の種類や持ち運びのしやすさなどから、選ぶ必要がありました。

結果、我が家の今のお絵かき事情には「色鉛筆」が最善であると結論づけています。色鉛筆も8色、12色などから販売されていますが、子供たちに「色の豊富さ」を伝えていきたい思いがあったため、思い切って36色の色鉛筆を購入しました。

参照:トンボ鉛筆 色鉛筆36色

色えんぴつは36色がちょうど良いボリューム




48色や72色などの多色セットもあるんですが、子供だけで片付けできるかどうか、という点だけを検討すると、36色は一つの限界値のような気もしています。

実際、36色の色鉛筆でお絵かきを毎日しているんですが、片付けの際には色鉛筆の多さが片付け時間の長時間化を招いているのも事実。今は、子供達のいない間に、私が片付けの補助を行なっていますが、結構面倒な作業が増えてしまったので困ってしまってます。

文房具に手を出すときは「それを片付ける必要があるのかどうか」点を考慮した上で購入しないと家族みんなから白い目で見られてしまうので要注意です。文具好きならではの悩みの種です。

参照:人生がときめく片づけの魔法
この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

Wootilより最新情報をお届けします

コメント

コメントフォーム

このページのトップヘ