ウェブサイトのリニューアルを行いました

まだまだ、修正箇所がたくさんありますが、ひとまず大きな変更を終え、ウェブサイト再開に向けた第一歩を踏み出しました。

CASIOのランニングウォッチは自転車通勤でも大活躍

CASIOのランニング用腕時計「PHYS LAP MEMORY 120」を買って、半年間ほど色々な生活シーンで使ってみました。ランニングなどの運動時や、仕事など、日常生活で積極的に使ってみた感想をまとめました。

CASIO 腕時計 PHYS LAP MEMORY 120「STW-1000-1JF」

一分一秒を争う自転車通勤時に欠かせないバックライト

PHYS LAP MEMORY 120は、暗所で腕を傾けると自動でバックライトが点灯する機能が備わっています。

自転車搭乗中は片手しか自由に動かすことができないため、夜間や早朝の薄暗い時間帯に自転車に乗ることの多い私にとって、バックライト機能のついたこの時計を欠かすことができません。

また、PHYSのバックライトは、明暗を自動で感知し暗いところでのみ、ライトが点灯するフルオートライトです。さらに高輝度LEDバックライト搭載なので液晶の文字がくっきりはっきり確認できるのも嬉しいところ。

自転車で猛ダッシュしながら、一分一秒を争う出社時刻を確認したいときに文字のはっきり見えるバックライトは私にとっての命綱なのです。時間との戦いを連戦連勝するためにも、正確な時刻がはっきり確認できる時計は、大切な戦友でもあるのです。

ランニング以外の日常生活でも便利な機能

本製品はランニングウォッチとしてリリースされた時計なので、先に紹介したオートバックライトだけでなく、ストップウォッチやタイマー機能は、他の一般的な腕時計よりも機能が充実しています。

そのほかにも、電波受信による時刻補正、ソーラー充電システム、各種タイマー機能、10気圧防水など腕時計として備わっていてほしい機能も充実しているので運動時だけでなく日常生活においても本製品の機能を最大限に活用することができます。

参照:PHYS LAP MEMORY 120の機能について

機能盛りだくさんなのに1万円以下のコスパ最強時計

この時計には、日常生活においてGショックほどタフさを必要としないシーンで使う分には十分すぎる機能が備わっています。販売価格も実勢価格が9000円程度と、コストパフォーマンスが非常に高い製品として仕上がってます。

運動用として購入した時計だったのですが、仕事や日常生活で活躍する機能が豊富すぎて、利用シーンが広がったことが想定外の発見でした。

唯一の難点は、時計の形状が独特なので、腕から外した際の置き場所に困ることです。電波時計なので窓際に置きたいけれども家族みんなから邪魔者扱いされてしまうのです。とほほ。


コメント