Wootil

ちょっとイイこと、見つけて記録!



カシオの電子ミニキーボードSA-46を買いました。

購入のきっかけは、子供が学校の授業で鍵盤ハーモニカ(ピアニカ)を習い始めたから。吹奏楽器でもあるピアニカの自宅演奏には限界があり、音に配慮した練習環境が急遽必要となったのを機に、ミニキーボードを購入したのです。

本体価格は3000円程度。最小限のコストで必要十分な装備




本体は、Amazonで3000円を切る価格。電池駆動対応で場所を選ばず、小型で軽量なので持ち運びも楽チン。

専用の別売りACアダプターもあるけど、私は携帯性を重視して家に余っている充電池で対応。最小限のコストで準備は整いました。




購入のきっかけは音量調節


電子楽器にできて鍵盤ハーモニカにできないこと。それは音量の微調節です。

鍵盤ハーモニカは吹奏楽器なので音の強弱は、吹き出す息にゆだねられます。しかし、子供のピアニカ演奏はその強弱の加減があやふやで、今にも騒音問題を引き起こしかねないレベルです。

このミニキーボードの購入動機は、騒音問題を最大限に軽減する事です。マンションや集合住宅エリアでは鍵盤ハーモニカの演奏は時間帯によっては騒音問題に発展しかねません。「音」への配慮は最大限意識する必要性がありました。

鍵盤のタッチと音域はピアニカと同程度




子供のピアニカは37鍵、ミニキーボードは32鍵です。音域に関してはおおよそカバーできています。

また、ピアニカと並べてみると、鍵盤のキーピッチ(間隔)が若干異なり、高音域の鍵盤数が少ないのがわかります。両手で演奏するとやや物足りなさを感じますが、転調すればある程度カバーできるレベルです。

また、鍵盤のタッチ感は、同プロじゃない限り違いがわからないレベルですし、そもそもピアノ程鍵盤のタッチ感に敏感になる必要がないので、全く問題ありません。

ピアニカは私のお気に入りモデルを譲りました


ちなみに、子供が使っている鍵盤ハーモニカは、YAMAHA ピアニカ P-37Dです。



小学生が使うにはちょっと大きいサイズかもしれません。

それもそのはず、このピアニカは私が買ったものなのです。ずいぶん昔に、私があるジャズピアニストのライブで、このピアニを使った演奏と出会い、あまりのカッコ良さに惚れ込んでしまい購入したものなのです。

参照:YAMAHA ピアニカ P-37D

制約があるからこそ、楽しめる演奏もある


キーボードの楽しみ方は色々とあると思いますが、私にとっての魅力は限りある機能を活かす創意と工夫で素敵な演奏ができてしまうことです。

特に私のお気に入りはこの動画の演奏スタイル。


ドラムパッドをうまく使いこなしてると思います。おもちゃキーボードでも、工夫ひとつで存分に演奏を楽しむことができちゃうんです。

このミニキーボードの型番である「SA46」で動画検索すると、他にも演奏動画が多数ヒットします。鍵盤数や音域が制限される中で、様々な工夫を盛り込んで演奏する動画は見ていて飽きません。

ミニキーボードとしては完成度もコスパも良好




このミニキーボードは大人が暇つぶしに遊ぶにも十分なパフォーマンスを発揮します。機能的にはよくあるキーボード楽器です。

しかし、簡易的とはいえ、リズムパターンや自動伴奏などの機能も備えられており、創意工夫を楽しむための仕掛けもちゃんと準備されているのは嬉しいポイントです。

電子楽器としては3000円程度と破格のキーボードで、音域の制約もありますが、演奏者の好奇心を最大限に引き出してくれるガジェット的なおもちゃとして捉えると、非常に楽しみがいのある一品です。

子供のピアニカ練習だけでなく、私自身も、もう一度楽器を演奏する楽しみを味わってみようと思います。

参照:CASIO 電子ミニキーボード 32ミニ鍵盤 SA-46
この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

Wootilより最新情報をお届けします

コメント

コメントフォーム

このページのトップヘ