Wootil

ちょっとイイこと、見つけて記録!



ブログの記事を修正したけど、Twitterカードの内容が反映されずにモヤモヤしたことありませんか?記事タイトルや要約部分の内容を最新のものに修正したいと思うときありますよね?

私はあります。

そんなときは「Card validator」を使ってキャッシュ済みの記事情報を最新のものに更新してみましょう。悩み事が全て解決しますよ!

操作は簡単、記事URLを入力してクリックするだけ


Twitterにログインした状態でCard validatorへアクセスし、修正したい記事内容のURLを入力し「View Card」ボタンをクリック。

たったこれだけで終了。

これは、Twitterカードとしてキャッシュされている情報を再取得するための開発者用のサービスの一つ。指定した記事URLのTwitterカード用の情報を再取得し、最新のものに更新してくれます。

今まで、修正したいものがたくさんあったので、これは便利なツールだと思いました。Twitter社も痒い所に手が届くサービスをリリースしてるんですね。感心感心。

参照:Card validator - Twitter Developer
この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

Wootilより最新情報をお届けします

コメント

コメントフォーム

このページのトップヘ