Wootil

暮らし、見つける、幸せ!



先日の休日を利用して、三重県伊賀市にある「伊賀流忍者博物館」に行ってきました。

忍者といえば三重県伊賀市と滋賀県甲賀市が有名です。今回は、忍者ショーで世界各地を巡業している伊賀の忍者を堪能すべく、家族みんなで伊賀市に出向き忍者の秘密を探ってきました。

参照:伊賀流忍者博物館

伊賀市に到着したら、まずは忍者コスプレ!




伊賀市内に到着したら市内数カ所に設置されている「忍者変身処」で忍者コスプレをするのが、伊賀流忍者を最大限満喫するための鉄則だと思います。1日1000円で忍者の姿に返信して街中を堂々と歩けるのは、なかなか爽快な気分です。

私は、伊賀市役所すぐ隣の「だんじり会館」を利用しましたが、特に予約も必要なく忍者になれました。午前中は忍者コスプレ希望者が殺到するので、開館と同時に駆け込むのがベストでしょう。

いやぁ、コスプレめっちゃ楽しいです。

参照:忍者変身処について

忍者屋敷でいろんな秘密を目の当たりに




忍者博物館は、伊賀市役所のすぐ隣にある「上野公園」内にあります。博物館といっても、忍者からくり満載の古民家を移築したもので、外見はただの古民家です。こういった外見上の目立たなさ・地味さを演出しているところから、忍者の隠れ屋敷の雰囲気が満載で、非常にワクワクします。

さらに、忍者コスプレをしてる我々にとっては、もはや我が家同然の場所。普段着で訪れている他の観覧客とは一線を画しているのは言うまでもありません。忍者の心得を学ぶべく、しっかりと解説に耳を傾けました。

伊賀流忍者のすごいところ




伊賀流忍者博物館の醍醐味は、何と言っても忍者ショーです。

真剣居合斬りや本物の手裏剣を使った実演はかなり見応えのあるものです。ショーの完成度は高く、泣く子も黙る、ではなく小さな子供が本気で怖がるくらい迫力があります。

そんな忍者ショーのプロモーションとして作成された動画があります。この動画は、忍者博物館でショーを行っている忍者集団「阿修羅」のメンバーさんが出演してます。実際のショーでも、ほぼ同様の実演を見せてくれました。



このプロモ動画は、忍者博物館だけでなく、伊賀市内のあちこちの施設で見ることができ、伊賀忍者推しを町全体で盛り上げているようです。

実際の忍者ショーは撮影禁止だったので紹介できませんが、いろんなブログで、この忍者ショーだけは観覧料を払ってでも見るべしと誰もが絶賛するものです。私が訪れた時もギャラリーは満席状態で、特に海外からの来訪客からの反応が最強でした。

観覧料といっても一人たったの400円。ショーの内容は400円以上の価値があります。伊賀へ出向いたら忍者のコスプレして、忍者ショーを見に行く。これをやらずして伊賀を満喫することは不可能じゃないかと思います。

ちなみに、この忍者集団「阿修羅」は、現在忍者の新規メンバーを募集中とのこと。

参照:忍者ショー、忍者体験承ります | 伊賀忍者「阿修羅」東京支部

忍者ショーの後は手裏剣体験で景品を狙え!




忍者ショーの後は、手裏剣の体験コーナーで盛り上がります。子供はゴム製手裏剣ですが、大人は、本物の手裏剣を投げることができます。めっちゃ燃えます。

手裏剣体験に暑くなるもう一つの理由が、景品です。

マトに当てた点数の合計が高得点だと、子供には、手裏剣と短刀のセットが、そして大人には「仕込み竹ぼうき」と呼ばれる、竹ぼうきの柄の部分に刀が仕込んである忍者御用達の武器が景品として用意されているのです。ショーの前に実物を見せてくれるのですが、ギャラリーが「おぉ」っとどよめくほどの忍者グッズ。欲しい。

参照:仕込みほうきについて

ワクワク大好きな私たちは、そんな景品を狙うべく、手裏剣に挑みますが惨敗。もっと修行を積んでから、手裏剣に挑まねばならないと後悔した次第です。

忍者を楽しむ公園散策、それが伊賀流忍者博物館




忍者コスプレをし、迫力満点の忍者ショーを満喫しながらも、忍者博物館のある上野公園を楽しむだけでなく、伊賀市内の散策までも忍者気分で楽しむことができるので、非日常を満喫したい方にはとても魅力ある観光地じゃないかと思います。

伊賀市公式観光案内で、伊賀を楽しむための予備知識なども紹介されていますので、忍者体験をもっと楽しみたい方や、松尾芭蕉のゆかりの地でもある伊賀をもっと知りたい方は一度調べてみることをお勧めします。

とにかく忍者になりたい方は、深く考えずに伊賀市へGO!!
めちゃくちゃ楽しいですよ。


この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

Wootilより最新情報をお届けします

コメント

コメントフォーム

このページのトップヘ