Wootil

暮らし、見つける、幸せ!



冬になると、来年の手帳選びのことで頭がいっぱいになります。

手帳は、いろんなことをメモする備忘録。1年間を共にする手帳選びは、携帯性、一覧性、紙質など、機能性を重視しながらあーでもない、こーでもないと考えるたびにワクワクしてしまいます。

2018年は、NTOLYに決めました。実はこれで3年間使用することになります。いい点、悪い点色々とありますが、リーピートして使おうと思うほどの良さがありますので紹介します。

NOLTY手帳 2018年 1月始まり ウィークリー エクセル11

ペン種を選ばない紙質でありながら、なめらかな書きごこち




NOLTYを使い始めてからこれで3年、NOLTYの良さは、万人受けする紙質だと思います。

私は、それほど紙質を気にしないのですが、手帳用の紙って各社色々とリリースしていますが、書きやすさだけでなく、保存性に優れた髪質であって欲しいのが、私が手帳に求める条件です。

それと、耐水性もある程度大切。私は、このNOLTYの紙質に助けられたことがあります。

NOLTYの紙は、耐水性を公表してはいないものの、水濡れに強い気がします。一度だけ手帳の上に水をこぼしたことがありますが、水性インクでメモ書きした部分が少し滲んだ程度で、ほとんど滲まずに済みました。

ちょっとした水濡れや、滲みやすいインクのペンでメモ書きした時など、普段使用するペン以外で手帳に書き込む時にも重宝する紙質なのだと再認識した瞬間です。

付属のアドレス帳や別売りのメモ帳が地味に便利




購入時にはアドレス帳が付属しているのがNOLTY手帳の最大の魅力。カバーに挟み込んであるだけなので、メモとして活用することもできる自由度の高い付録です。2018年は付属のアドレス帳ではなく、別売りのメモ帳を購入しました。

参照:能率 NOLTY 手帳 2018年 エクセル 補充ノート 8904



5冊セットのミシン目入りノートで、私は、ちょっとした入出金のメモをしたり、アイデアメモに使ったり・・・ってことを想定しています。

ですが「手帳から簡単に取り外せる5冊のメモ帳」ってことが完全に裏目に出てしまい、子供達のらくがき帳として大活躍しているのが現状。

子供にもわかる紙質のよさ




新しいノートを見つけるなり、色えんぴつを持ってきてコソコソするわけでもなく、堂々と一筆絵を描き始めることどもたち。「なんでこの手帳に書き込むの?」って聞いたら「紙がサラサラして描きやすいから」だって。

描き心地がいいだのなんだのって子供なりに紙質を判定していて、笑ってしまいました。あと、3歳が描いた絵にしては完成度の高さに感心してしまい、バカ親な自分を再認識しているのもいい思い出です。

子供のらくがきも大切に保管しておきたいのが親の本音。ですので、経年劣化に強いNOLTYの紙質には絶大な信頼を寄せています。

緊急のお財布がわりにもなる手帳サイズ




1万円札まで折り曲げることなく、手帳カバーの裏表紙に入れておけるのは地味に便利です。

私は千円札を常に忍ばせておき、万が一手帳を落としてしまった時に善意ある方がこのお金を使って返送してもらう時の謝金代わりに入れています。あと、よく財布を忘れ流ので、そんな時の緊急用の現金としても大活躍です。

NOLTYさんの神対応で熱烈なファンに




実は2017年版のNOLTYエクセルでは、手帳カバーが半年ほどで破れてしまいました。

革製の手帳カバーをオーダーすることも検討したのですが、それよりもNOLTYの発行元である日本能率協会マネジメントセンターさんに「有料でいいから塩ビカバーを販売してほしい」と問い合わせてみたところ、破れた手帳カバーとの引き換えを条件に無償で新品同様品と交換してくれたのです。

まさかの対応に驚きつつ、手帳ユーザーを大切にする心がけに本当に感謝しています。

参照:NOLTYの手帳カバーが破れたので、日本能率協会に問合わせたら「無償交換」してくれた

ジェットストリームとの相性も抜群




私は、なめらかインクのボールペン「ジェットストリーム」を愛用しています。

特に3色ボールペンとシャープペンシルが一体となった三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム 3&1は、満足度の高いボールペンの一つ。0.7mmのペン先はやや太いので黒だけ0.5mmの替芯に切り替えて使っています。必要十分なペン種が揃った多機能ペンで、ペン軸も太すぎないところがお気に入りポイントです。

NOLTY手帳と相性の良いボールペンを色々と探しましたが、ジェットストリームがもっとも使い勝手の良いボールペンでした。

メモを通して1年間共にする相棒として最強の手帳




私にとっての手帳は、いろんなことをメモする備忘録として常に持ち歩くもの。ですので、大きすぎてもダメですし、小さすぎてメモスペースが少なくてもダメなのです。

最近、ライフログ手帳が流行っていますが、このNOLTYエクセルでも工夫次第でライフログを書き込むことができますし、別売りのメモ帳まで使えばもっと自由度が高まります。1年間ずっと一緒に記録を刻み続ける相棒ですので、手帳の使いやすさは本当に大切だと思っています。

2018年もNOLTYエクセルを愛用し、1年間の記録を大切に刻んでいこうと思います。



この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

Wootilより最新情報をお届けします

コメント

コメントフォーム

このページのトップヘ