ライフスタイル系のブログを目指し、記事を更新中!

2019年の手帳は「NOLTYライツメモ小型版」にした

ライフスタイル

本屋さんの手帳コーナーで見つけて、即決購入しました。

買ったのは「NOLTYライツメモ小型版」です。コンパクトな手帳サイズ、紙面デザインが刷新され、よりメモをするためのスペースが確保され私が求めていた手帳に非常に近い商品です。

手帳の左側にもメモができる新設計に一目惚れ

DSC08380

私が手帳にメモするときは立ってる時が多いです。これまで使っていたウィークリーレフト式の手帳ですと、左手で手帳の右側を支えながら文字を書く「不自然な姿勢」で書いていました。

しかし、このライツメモ小型版であれば、左側にもメモができるため、立った状態での手帳への書き込みが若干改善できそうな予感です。

また、紙面のレイアウトも気に入っており、最上部に1週間の予定を横長に書き込めるし、それ以外の下部のスペースは自由に使えるので、これからどのように使うのか考えるつもりです。

付属のメモ帳がNOLTY用紙を使った方眼ノート

DSC08375

3.5mm方眼をあしらった小型のメモ帳。

手帳サイズとぴったりに設計されており、ライツメモ小型版に挟み込んで使うことができます。また、補充ノートも別売りで用意されてます。価格350円なり。

この方眼メモ帳は、私の心をズキューンと射貫いてくれました。一目惚れしてしまった補充用方眼ノートも、まだ本当に必要かどうかもわからぬうちに一緒に購入したのです。

補充ノートのミシン目が無くなったことが最大の改善点

DSC08378

これまでリリースされてたNOLTYの補充ノートって、その全てにミシン目が入っていて、今にも切り取ってしまいそうなメモ帳です。

それが、この方眼メモ帳では、ミシン目がなくなったのです。めちゃくちゃありがたい改善です。

私は、補充ノートを備忘録として使っていたので、書き込んだものを切り取ることが一度もありません。そのため、これまでの補充ノートに施されていたミシン目は、私にとって無駄な仕様の一つだったので、ミシン目が省かれたことは素直に嬉しい改善です。

手帳サイズの変更にどう付き合うかが今後の課題

2018年までは、NOLTYエクセルシリーズを使っていました。

2018年の手帳もNOLTYに決めた!
来年の手帳が決まりました。NOLTYエクセル11です。お札を折り曲げずに入れられたり、別冊補充ノートが充実していたりと、とても使いやすい手帳です。

ウィークリーレフト式の手帳で、片手で持ちやすいサイズでありながら大きな紙面のレイアウトが気に入っていました。補充ノートも丈夫な作りで、ミシン目がある点以外は気に入って使っています。

荷物をコンパクトにまとめることを追求する際には、エクセルシリーズの手帳は、少々大きさの面で不利であると感じるようになっていました。

そんなタイミングでライツメモ小型版と出会った私。

紙面のデザインが刷新され、これまで気にも留めなかった手帳シリーズを選美、来年の1年間をこの新しい手帳とどう付き合っていこうか、今からワクワクしながら手帳の使い方を脳内シミュレーションしています。

コメント