ライフスタイル系のブログを目指し、記事を更新中!

NOLTYライツメモ小型版を1年間使って思うこと

5
ライフスタイル

2019年版より新しくデザインされた小型の手帳、NOLTYライツメモ小型版。私も、流行りに乗るような形ですぐに購入。それから、一年間、じっくり使い続けた感想を写真とともに書き記します。

NOLTYライツメモ小型版について

メモスペースを一般的なウィークリー手帳とは異なる形で確保した、持ち歩きやすさとメモの書き込みやすさを重視した新しいタイプの手帳です。

Amazon | 1180 NOLTY ライツメモ小型版(ダークネイビー) | 文房具・オフィス用品 | Amazon.co.jpホーム
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、1180 NOLTY ライツメモ小型版(ダークネイビー)をAmazon.co.jpホームストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、 当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

ポケットの少ない軽装となる夏の時期でも気軽に持ち歩ける手帳になるかもしれない思いがあり、私も発売してすぐに使い始めました。結果、非常に使いやすいと感じたので、何が使いやすかったをまとめておきます。

小さな手帳に大きな書き込みスペース

nolty ライツメモ小型版

手帳サイズは、小さいです。手のひら程度のサイズです。でも、メモスペースは十分すぎるくらいに確保されていると感じます。

見開きで展開するようにスペースが確保されているからなのか、方眼サイズが最適化されているからなのか、ウィークリー手帳として使うのであれば、必要十分なメモスペースです。

また、横罫ではなく方眼が採用されたメモスペースなので、マス目に沿って罫線を引けば、独自の記入欄を作ることもできる自由さが使い勝手をより向上しているようにも感じました。

手帳、後方のメモ欄も同じサイズの方眼で、自由な使い方ができます。私の場合は、自作した消しゴムはんこの試し押しをするスペースとして利用していました。

付属の補充ノートも活用してます

手帳に1冊付属してくる補充用のメモノートは、さらに手帳の利用方法に幅をもたせてくれました。

ただでさえ、メモスペースが確保された手帳なのに、さらにメモノートが付属されてきたので、殴り書きするようなアイデアとか、お出かけするときの簡易メモといった一時的だけれども、繰り返し参照する事項について書き込むスペースとして活用します。

色鉛筆をよく使うので在庫状況をメモ
お守り的に私の傑作を押印して持ち歩いてます。

デメリットは?

この手帳を使うことによるデメリットというか、これは使いずらいという部分について感じたことを列挙しておきます。

ちょっと不満に思うところ
  1. 見開きのメモスペースなので、立ってメモするときに右側ページへの書き込みがやりにくい。逆に言えば、左側へのメモは書き込みやすい。
  2. 別冊のメモノートがすぐに無くなるので、頻繁に買い足す必要がある。
  3. 今の所、日曜始まりの手帳がない。
  4. コンパクトな手帳であるがゆえ、厚みが気になる時がある
  5. 手帳を大切に保管したいから、右端のポッチング(切り取り線)不要!

要望としては、5のポッチングを廃止して「しおり」を装備してほしいことと、の日曜始まりのシリーズも展開してくれたら嬉しいなぁってことくらい。その他は不満といえば不満だけど、特に問題ではないレベルの話です。

要するに、一年間使ってみてとても満足しています。この手帳はなかなか使いやすいと思います。運用方法次第では、デジタルスケジューラーとの連携もスムーズにできそうな様式になってるので、2020年度もこの手帳を使おうと考えてます。

で、早速購入しました

コンパクトでありながら、書き込みスペースがたくさんほしい方は検討する価値のある手帳です。2020年にお試しで使ってみてはいかが?

コメント

タイトルとURLをコピーしました