ライフスタイル系のブログを目指し、記事を更新中!

水筒でドリップコーヒーを楽しむ便利ツール

ライフスタイル

水筒にコーヒーをドリップするのが楽になるおしゃれ道具を発見。

写真を見ての通り、水筒の口径サイズに対応した形で設計されたコーヒードリッパーです。これまで別の容器を介して入れていたコーヒーを、直接ドリップできるようになります。

直接ドリップでアツアツコーヒーを!


普通のコーヒードリッパーですが、ステンレスボトルやマグカップなど口径が小さい容器に直接ドリップできるような形状になっているのが最大の特徴です。

そのため、ペーパードリップで出来たてのコーヒーを他の容器を使うことなく直接水筒に入れルことができるので、アツアツのコーヒーを持ち歩くことができます。

冷めないコーヒーを求めて

水筒でコーヒーを持ち歩く最大のメリットは、冷めないこと。

職場へ行く際にも、あらかじめ家でコーヒーを入れて持ち歩いたり、Amazonオリジナルのドリップコーヒーを使って職場の給湯室でドリップしたりと、あったかコーヒーを楽しむ工夫は欠かせません。そのためにAmazonオリジナルのドリップコーヒーをわざわざ購入して持ち歩くほどです。

Amazonオリジナルのドリップコーヒーがお気に入り
インスタントからドリップパックのコーヒーに変えたら、忘れかけていた「コーヒーを味わう楽しみ」を思い出すことができました。

ボトル内の湯量が確認できるようになることが最大のメリットかも


簡易フィルター付きのコーヒー粉末は、セットしてお湯を注ぐだけなので気軽にコーヒーを楽しめることがメリットですが、水筒でドリップする場合はやや面倒な問題が発生します。

それは、お湯の量が確認できなってこと。簡易フィルターをボトルの中に嵌め込むようにセットする必要があため、ドリップのために一度お湯を入れ始めたら、容易に取り外すことができません。そのため、どの程度お湯を入れたのかさっぱりわからないのです。

ところが、スケーターのコーヒードリッパーであれば、ドリッパーを簡単に持ち上げられるので、水筒内のお湯の量を簡単に確認できます。あふれそうなくらいお湯を注いでしまうような失敗に関しては、解決できそうです。

ちょっとしたアイデア商品ですが、マイボトル生活が随分楽しく変化するアイテムですので、取り入れてみる価値は高いと思います。

参照:スケーター コーヒードリッパー

コメント